イベント申込 イベント申込
お問い合わせ お問い合わせ
資料請求 資料請求

BLOG

柔道整復師科

柔道整復師と理学療法士の違いとは?

みなさんは柔道整復師理学療法士という資格をご存知でしょうか?
どちらも医療系国家資格で、資格取得後に就く仕事の内容は少し似ているところもあります。
今日は、この二つの資格の違いについて、説明させていただきます。
柔道整復師は柔道整復術を用いて、
骨折や脱臼、打撲、捻挫などのケガや障害を、自らの手技で治療することができます。
それに対し、理学療法士は運動療法をはじめ、電気刺激や温熱、寒冷、水などの物理療法を
用いて事故や病気から生じた身体的な機能障害を治療することができます。
治療方法は異なりますが、どちらもケガや障害を治療するという点では似ている職業です。
しかし、柔道整復師と理学療法士の資格には大きな違いが二点あります。

その一●直接医療行為が行える資格・行えない資格
柔道整復師は、自ら患者さんを診察・診断を行い、治療を施すことができます。
ですが、理学療法士医師の指示により治療を施します。
つまり自分で診察や診断して、動くことができません。
柔道整復師は、直接医療行為が許されている数少ない医療系国家資格のひとつ!
直接医療行為が認められているため、医療の現場ではもちろんのこと、
スポーツ選手を支えるスポーツトレーナーとしても柔道整復師は重宝されています。

その二●開業権がある資格・ない資格
もう一つの大きな違いとして、開業権の有無があります。
医療系の国家資格の中でも開業権を認められている資格は少なく、
医師や歯科医師に並び柔道整復師は開業権が認められている貴重な存在であり、
自分で独立開業できる将来性は大きな魅力のひとつです。
柔道整復師の資格を取得すれば整骨院・接骨院を開業することが可能ですが、
理学療法士が開業している治療院は残念ながらございません。
それは理学療法士には開業権が認められていないため、自分の治療院を持つことは
できないからです。
その他、健康保険の請求が柔道整復師はできるが、理学療法士はできない等の違いもあります。

柔道整復師・理学療法士の活躍の場としては、
病院の整形外科・リハビリ科や介護予防施設、スポーツの現場など、
似たような場所があげられますが柔道整復師には接骨院・整骨院への就職、
もしくは開業という選択肢もあり、自分の治療院を持てば定年後などを心配せずに
一生涯現役で活躍することも可能です。
このように同じ医療系の国家資格でも大きな二つの違いがあります。
もしあなたが医療系の国家資格を目指すなら、取得後の選択肢が多岐に渡る
柔道整復師を目指してみませんか?
HEISEIなら、柔道整復師の資格取得はもちろん、
スポーツトレーナー育成、独立開業支援、福祉分野での活躍を徹底サポート!!!
みなさんが柔道整復師として将来活躍したい分野へ進めるよう全力で応援いたします。
まずは、HEISEIのイベントで柔道整復師の夢を膨らませましょう!!
オープンキャンパスでは柔道整復師の体験授業、
スポーツトレーナーには欠かせないアスレチックトレーナー資格のことなど、
魅力あふれる内容でお届けいたします。
みなさんのお越しをお待ちしておりますので、ぜひお気軽にご参加ください!
またオープンキャンパスへの参加が難しいという方は、
平日(月~金)10:00~18:00のお好きな時間に
個別見学・個別相談もできますので、お気軽にお問い合わせください。(※予約制)


<<関連記ページ>>
【コラム#02】HEISEI×トレーナー
(スポーツトレーナーはどんな人が活躍しているの?)

柔道整復師科紹介ページリンク


次回のコラムテーマは・・・
【コラム】西洋医学と東洋医学の違いと柔道整復師・鍼灸師




今後のイベント情報

オープンキャンパス

個別相談会

オンライン個別相談会